限りある命だからこそ~今を生きる~


ども、沖縄SUNです。

今日は月曜日ですね。台風が去り、のんびりとした1日を過ごしました。皆さま、被害ございませんでしたか?私は台風に慣れ親しんでいたので、事前対策を万全にして台風を待ちました。

被害はござませんでした。

私は今、横浜に住んでいますが、賃貸契約を結ぶ前に、立地等色々調べました。もちろん、沖縄に住んでいるときも、災害も含めて不安がない状態で生活が送れるかを充分調べたうえで住まいを決めました。台風の夜にも部屋の状態を見に行きましたからねw

さて、今日はブログを更新する予定はなかったのですが、ふと思ったことがあったので書いています。今朝、Facebookを眺めていたら、知人が46歳の生涯を閉じたことを知りました。

私は44歳。生きるということを考えさせられます。

今、生きていると、本当に自分のやりたいことができている人ってどれくらいいるのだろうかと思うのです。我慢していませんかって。

我慢したまま生きていて、死んでしまったらどうするんだろう。

私は、いつもいつか死ぬから、生きている間、やりたいことやったほうがいいよと思う人です。後悔したくないじゃないですか。自分の人生生きなきゃダメ―って思うのです。

私が関東に出てきたときにやりたいことがあったんです。それは、社会に課題があるのであって、あなたには課題はありませんを伝えること。そして、あなたはあなたらしく生きることができるし、その能力が備わっていること。

私にはプライドとかあまりなくて、生きていたら何度も良いんんじゃないって気持ちがあります。だから、仕事ではルーズと思われるところもあります。

でもね、ルーズって言っていますが、そのルールは本当に必要なことなんでしょうか?その配慮(根回しw)って必要ですかとかね。

そんなのいらねー、なんて思ってしまいます。

いつも一人の人間として向き合えれば、そんなの仕事に必要ないよねって言うのたくさんあるんじゃないでしょうか。

その点、沖縄の社会はね、いいですよ。ルーズだから。遅刻しようが早退しようが、どうにかなるってことを実証できていますからね。

日本人って自己肯定感が低く、他人の目を気にする人が多いからこそ、もっとルーズに生きるっていうことできたら楽になるのになって思います。

私はそんなルーズな社会を作っていきたい。

自分らしく生きることが可能な社会。違いがあっても認め合う社会。認められなかったらスルーすることができる社会w

いつか死ぬときに、素晴らしい人生だったといいたいな。

 

ということで、殴り書きみたいになってしまいましたが、私は思います。すべての人には可能性がある。やりたいことを実現することができる能力があります。今このブログを読んでくださるあなたには自分が考えている以上の力があるという事実。

さーて、明日からも自分らしく生きていきますか(*^▽^*)

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です