絶望からの100回目


ども、沖縄SUNです。

横浜、だいぶ寒くなりました。沖縄出身だと寒さに慣れないでしょとよく言われます。割と寒さは耐えられるかなと思っています。厚着すればいいし、煖房がありますからねw

さてと、今日で11月が終わりです。明日から12月ということで、師走ですね。いよいよ2019年も終わります。あなたにとって、どのような1年だったでしょうか。

私は、2018年8月に沖縄から横浜に移住し、仕事を始めたので、たくさんの出会いと別れがあったかなと思っています。私が学びたいと思っていた、ナラティブ・セラピーで国重浩一氏のセラピーを受けることができたし、オープンダイアローグでは斎藤環氏からレクチャーを受けることができました。たくさん学び、たくさん飲みましたね。

充実した1年だったと思います。

今日のブログのタイトルは、100回目ということですが、何が100回目なのでしょうか。

このブログ記事にて通算100回目のブログになります。おめでとうございます!

誰も言わらないから自分で言いますw

 

100回目の記事です。

実は、一時期記事を全く書かなくなりました。それには理由があって、その理由が発生して以降、情報発信を控えるようになりました。このブログだけではなく、FacebookやTwitterなどSNSでも。

理由は前回のブログにも書きましたが、この会社を立ち上げたパートナーとの別れがありまして、私としては会社のことだけではなく、プライベートでも、少し元気が出ない状態が続いていました。絶望していました。結局私は一人なんだと。何やっても最後は一人なんだと…信頼できる人はいないなぁ~なんて。

自分のことを発信することは避け、SNS等にも掲載されることを避け、できるだけ日陰にいたいその思いが強くなりました。

それから約4年くらいでしょうか、ブログ更新を含むSNSで表現を控えるようになりました。元々内向的な人間なんですが、さらに内向きになった4年間だったような気がします。まだ内向きなんですけどね。

そんな中からの復活ですw 今年の4月から毎週ブログを書くようになりました。偉いぞ、やればできるw。書くきっかけは、ある人にメッセージを送ろうと思ったからです。なんかね、伝えたいという想いが強く出てきたのです。これまでは、そのような想いが出てこなかったんですよね。その伝えたい想いを、どう形にするか、ということで、このブログに書くことにしました。

それから毎週続けて書けるんですから、想いって凄いですよね。想いは伝わっているかなというところが気になることころですが、そこは置いときましょう。

人は自分のことを理解してくる、受け止めてくれると思った時に心を開くことができると思います。ある人が、心を開くことができていなかった。私はその心を開くきっかけを作りたいなと思い、たくさんお話ししました。まずは、私の自己開示から。私が話をすることによって、その人自身が自分の境遇と重ね、何か行動に帰ることができるのではないかという期待です。実際に人に相談できるようになったという話をされていましたね。感謝されました。

ここで私は思うのです。あの人に感謝されたのですが、実は私自身があの人に感謝したいということ。それは、これまで表現することを恐れ、内向きになってしまっていた私を変えるきっかけを与えてくれました。また、私自身、自己開示を全くしない人なのですが、その人に自己開示をすることで、自分の心が軽くなり、自分の人生を整理することができました。だから、毎週ブログを書くことができています。また、将来私がやりたいことも明確になりました。

来年4月から大学に行き、資格取得を目指して勉強をします。教育×キャリア×福祉のプロフェッショナルとして活躍するために学びます。

絶望を感じ、これからも一人だと思っていましたが、一人でも生きていけるって自信がつきましたw 希望が出てきた2019年。2020年はさらに発信していこう。

私を絶望から救ってくれたあの人に感謝。

ということで、絶望からの100回目のブログ記事、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です