ビジネスの未来


ども、沖縄SUNです。

今日は晴天でした。気持ち良いですね。太陽が。洗濯をして、布団、枕を干し、私自身日光浴をしました。

さて、緊急事態宣言中の関東ですが、読書が進みますね。今読んでいるのは、山口周さんの「ビジネスの未来~エコノミーにヒューマニティを取り戻す」

山口周さんの本は4冊目でしょうか。哲学科を卒業した彼は社会の本質を問うています。私はそんな彼に惹かれるのです。

この本の目次は大きく分けて3つ。

  • 第1章 私たちはどこにいるのか?
  • 第2章 私たちはどこに向かうのか?
  • 第3章 私たちは何をするのか?

この本が伝えたいことは、資本主義を変えること。

現在の社会は、明るく開けた「高原社会」へと軟着陸しつつある。物質が不足していた時代から物質が満たされる時代になってきました。

高原社会での課題は「エコノミーにヒューマニティを回復させる」こと。

人間性ですよね。感情(衝動)に基づいた労働と消費が実現のカギになる。そして、社会基盤である教育・福祉・税制等のアップデートが実現に求められる。

私は感情で動く人間ですからね。山口さんにすごく共感するのです。※人間は感情で動くのが本能だと思います。

これまでの社会はロジカル中心でした。そのロジカルで成長を目指してきました。資本主義で言うと売上を上げていくことが正義です。

その売上のあげ方に課題があるというが山口さんの主張です。私は働く目的について、こどもたちと一緒に考える仕事をしてきました。

今の社会をこどもたちに素晴らしいと言えるでしょうか。私には疑問です。

私は一人一人の人間がやりがいを感じて働くことができる環境を作っていきたいと思い活動しています。実現に向けて取組みます。今ここにいる私から。

IMG_20210130_193809

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です