GWに考える。私の生きる武器とは1


ども、沖縄SUNです。

 

GWは後半戦ですが、いかがお過ごしでしょうか。

私は今日からGWです。3連休楽しみます。

 

さて、3連休何をするか、基本わたくし引きこもりなので、家にこもります。内向的人間は外に出るとすごく疲れるんです。誰も私のことを見てもいないし、気にもしていないのですが、勝手に気になってしまって、色々神経を使ってしまいます。

 

ですから、安全地帯(自宅)から一歩出ると、周りが気になってしまいます。

なるべく不安を感じないところで過ごしたい。

ということで、GWも自宅でのんびり過ごしています。

 

あ、でも、今日の午前中はお出かけしました。日用品を購入するためショッピングセンターへ。そうそう、今日は自分にとって最高の贅沢をしました。それは昼飲みです。大好きなビールと肉を購入してきたので、昼から酔っ払いです笑 何も考えることなく酔うことができるのが私にとっての癒しかもしれないです。

 

 

話は変わりますが、私は本が好きで、この連休も本を読みまくろうと思っています。何人かの好きな作家さんの本を読むことが多いのですが、その中の一人、滝本哲史さんの著書にかなりの刺激を受けています。

 

僕は君たちに武器を配りたい

僕は君たちに武器を配りたい

 

私は仕事や部活指導などを通して、その人の武器(強み・ストレングス)を気付くきっかけを作りたいと思って取組んでいます。

 

細かいことは気にせず、その人が自分のやりたいことを見つけたり、自分の武器を見つけることで、自信をもつことができたら、私の役割は終わりだと思っています。だって、自信を持つことができたら、そこからは、自分自身で考え行動することができるようになるからです。それができると、一人で決めて、一人で解決していくことができます。そういう人いますよね。

 

 

で、これからの時代にどのような武器、ストレングスが必要になってくるか、なんて、お酒飲みながら考えるのです笑

 

AIが発達することで、私たち人間の仕事を奪うということが言われています。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/40925

 

AIが人間の脳を超えることも想定されています。

https://bizhint.jp/keyword/42911

 

「AI VS 教科書が読めない子どもたち」の著者新井紀子先生は、著書の中でシンギュラリティはやってこないとおっしゃっています。

 

さてと、AIが発達することで私たちの生活に変化が生じることは間違いないと思います。それに伴い、私たちの仕事にも何らかの影響が生じることも間違いないと思います。

 

それに加えて、政府は外国人の労働者を5年間で34万人受け入れることを表明しました。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/03/5345.php

 

接客業で外国の方が働いている姿は当たり前になったようです。その逆もあり、グローバル企業は能力のある人材を破格の待遇でハンティングすることが当たり前になっています。

 

そこで私は考えるのです。

 

平凡な私たちがどのような武器を持てば仕事で活躍することができるのか。

人間とAIの違いについて考えると、

そこに感情があるかないか、だと私は思っています。

 

感情、喜怒哀楽、共感、など。人間らしさが仕事で求められるのではないかと思っています。

そうです、人間らしさ。

それはなぜか、というところは、次回に書きます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です