人生は思い通りに進むのか1214


ども、沖縄SUNです。

横浜は冬ですね。忘年会の後の風は肌に刺さります。アルコールを飲みすぎているので、少し肝臓を休ませないといけないですね。血液検査が怖くなります。

さて、職場の同僚が来週関西に帰りることになりました。10月末で退職していたのですが、仕事が決まり、家族で引っ越すことになりましたとのこと。

その同僚とは、日々仕事のことについて盛んに意見交換をしていました。普段のサービス提供の在り方、職場の運営の在り方、意思決定の在り方など。

理想のサービス提供を目指して、日々学び、取組んできた仲間が、志半ばで会社を離れることに対して、私は非常に悔しい思いを持っています。

私は以前、小中高校生に対してキャリア形成支援を行ってきました。

働く夢を育むということを取組んできたわけですが、働く夢ってなんでしょうね。東京で対話の場に参加すると、働くことに対してポジティブな感情を持っている人は少ないのではないかと感じています。

自己実現という甘い言葉は使いたくなくなるのです。仕事をしている中で、どれだけの人間が自分の夢を叶えることができているのだろうか。

先日、同僚と利用者の方が言っていた言葉を思い出します。

「私の人生はまったく思い通りに進まないんです」

人生について、それをどう過ごしていけるのか、もう少し考えていきたいと思います。

一人一人が生きる意味、人生で自分らしさを発揮して活躍できる社会を目指していきます。

またいつか、神奈川を離れる彼と一緒に学ぶ日がやってくることを期待して、今日は終わります。

 

ふたつの島とボート

ふたつの島とボート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です